幸村 一輝・幸村 優の婚活体験記。

幸村 一輝幸村 一輝大手結婚相談所なら安心!きっと結婚できる!絶対に結婚する!と強い意思を持って無料面談に向かい入会しました。女性検索の印象としては、美人で可愛い女性がたくさんいるんだというもので、正直驚きました。もちろん全員ではないですが、世の中の縮図という感じで結婚相談所以外での出会いを考えたら同じことかな?とも思いました。

ここから本格的に婚活が始まります。

タイプの女性、条件の合う女性に申込をしましたが、申し込んだ方からは断られてばかり。反対に、申込が来るのは条件に合わない方ばかり。このままでは婚活していても出逢いがない!...そう思って結婚相談所に連絡をすると、「44歳の貴方が35歳以下の女性に申込をしたら断られて当然。もっと条件を下げて申し込みをしなさい!!」と。これには正直腹が立ちました。

「えっ?何?」
「お金を払って婚活を始めたのに、条件を下げて申し込み?」
「入会するときは、貴方条件が良いから大丈夫ですよ!って言いませんでしたっけ??」

自分はバツ1で子供も2人居りましたが、普通に女性とお付き合いはできると思っていましたので、その言葉にただただガッカリしました。そして改めて周りを見てみると、3年・5年・10年と、ずっと婚活をしている方の多さに気付いたのです。

自分は条件を下げての婚活は嫌だと思い、自分なりの方法を考えてめげずに続けた結果、現在の妻と出逢い、4ヶ月後に入籍。最高の幸せを手に入れることができました。

条件を下げての婚活を強いられる現状を何とかできるのは、『実際にこの想いを感じながら婚活をし、クリアにできる方法を自ら見出し恋愛結婚をした自分たちしかいない!』机上の空論ではない!との想いで、結婚相談所をはじめました。

幸村 優幸村 優結婚相談所で婚活なんて、恥ずかしいし誰にも言えない。そんな風に思いながら始めた婚活でした。勇気を出して始めた婚活だったのに、40歳過ぎた私へ申込が来るのは50歳以上の方が殆どで、時には定年退職された方からのお申込もありました。会社勤めをして20数年、自分の周りの方たちは、年齢は上でも皆若くて優秀な方ばかり。なのに...と、この現実がただただショックでした。

その時は、自分を否定されているようにさえ思えました。

そんな中、プロフィールも読まずに、お写真を見た直感だけで申込みをした現在の夫からOKのお返事。はじめは期待もせずに待ち合わせ場所に行き、第一印象は普通の人(笑)
(ここからのエピソードは、また次回に)

結婚相談所で恋愛結婚ができるなんて、正直思っていませんでした。私たち夫婦は再婚同士ですが、結婚相談所で出逢った夫と再婚して初めて、結婚ってこういうモノだったんだと気付きました。就職して間もなく結婚、3人の子供たちにも恵まれ、銀行員としての仕事も続け、ただただ走り続けてきた約20年の結婚生活ではわからなかった結婚の良さを、今はじめて感じています。

仕事も家庭も子供も手に入れて、周りからは幸せいっぱいに思われていた約20年、その時にはわからなかった結婚の良さを今初めて肌で感じています。この感じを一人でも多くの皆さんに経験して欲しい。ただ結婚するだけではない、心からの幸せを実感して欲しい。そんな想いで結婚相談所をはじめました。

  • 無料相談予約(男性はこちら)
  • 無料相談予約(女性はこちら)